それぞれの決断 42
- 2017/09/30(Sat) -

お嫌いな方はスルーしてください。

注意書についてのクレームはスルーさせていただきます。
参照(それぞれの決断 1)

まだお読みになっていない方はこちらからどうぞ(*・∀・)つ
言えない言葉


このエンドはそれぞれの決断 21からの分岐のお話になります。


やっぱり総ちゃんエンド。

念の為に言っておきますが…長いです…。


私は大丈夫!という方のみお進みくださいませ。
↓ ↓ ↓


Gipskräuter




オマケがあるかも?



会見後の世間の話題は俺の想いの行方一色になり、美作の離婚騒動は一気に消え去った。会見で言ったことが効を奏したのかつくしを悪く言う報道も消えた。

全てが親父の思惑通りに進んでいる。

そして今日のニュースは俺とつくしのツーショットが世間を賑わせていた。

会見以来俺たちを見る目は温かい。
自分たちには関係のねぇ話でも暗いじめじめした報道より、のほほんとしたこんな報道の方が気が休まるんだろう。



俺たちは相変わらず節度ある関係を保ってる。

けどこれが結構キツイ。
幾つか歳を重ねたはずなのに、天然小悪魔は未だ健在ときてる。

そんな誘惑に思わずグラリといきそうになっちまう。
つくしは露程にもそんなことは考えちゃいねぇんだろうが…。

そんなこともあり、俺は出来る限り人目につく場所を選びつくしを連れ出している。

会話に上がっていた100日まであと僅か。
どうにか親父の言う節度ある行動を保てそうでホッとしていた。

それと同時にもうすぐ復縁出来るという事実が待ち遠しくて仕方ねぇ。

ただ…。

喉に小骨が引っ掛かったような…そんな思いを抱えていた。

つくしはどこまで気づいているんだろう?
全てを知ってるんだろうか?

あの日のつくしは確かに何も知らなかったはずだ。

青天の霹靂…とでも言うんだろうか?
突然俺が現れ、あきらに離婚届を突きつけられ、美作を出ることになった。

あの日の流れをつくしの視点で見たとき…俺が裏で手を回していたように見えるんじゃねぇか?
実際は全てあきらのシナリオだったのに。

このままでいいのか?
本当のことを伝えるべきじゃねぇのか?
あきらの本当の想いを知っておくべきじゃねぇのか?

つくしは知らねぇ方がいいのかもしんねぇ。
知ったらあいつは心を痛めるだろう。

けれど同時に知っておくべきだとも思う。
蟠りなんてないに越したことはねぇんだから。

俺はそんな思いを解消させるべく携帯を手に取った。




「つくし、着いたぞ。」

「ん…。」

まだ眠そうなつくしはキョロキョロと辺りを見回している。

「総?ここ?」

「たまにはこんなところもいいだろ?」

海を見渡せる丘の上にある小さな公園。
昔つくしにせがまれて似たような場所に行ったことを思いだし、なんとなくここに決めた。

つくしの手を取り公園へと足を踏み入れる。
つくしは目前に広がる海と夕焼けに瞳をキラキラと輝かせてる。

「…綺麗。」

「だろ?
お前こういうのほんと好きだもんな。」

空いているベンチに腰かけた。
辺りには多くはないもののカップルが何組かいて、寄り添い景色を楽しんでいる。


流石に俺たちだけってワケにはいかねぇか…。
けどまぁ…普通に話すぶんには声なんて聞こえねぇし?

本来なら誰もいない場所…秘密がきちんと守られる場所で話すべきだと思う。

けどそんな場所は決まって密室なワケで…。
どんな反応を返すか分かんねぇつくしを前にどこまで理性が働くかも分かんねぇ。
だったら屋外で…つくしが落ち着いて話を聞ける場所にした方がいい。

そう考えて連れて来たのがここだった。


関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | それぞれの決断 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<それぞれの決断 43 | メイン | それぞれの決断 41>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/10/01 10:40  | | #[ 編集] |  ▲ top

-yukikoサマ-
コメントありがとです♪

そうそう、ちゃんとねシナリオ通りに!
Gipの思い通りにとも言いますが(笑)

幸せいっぱい?我慢の限界?の総ちゃんだけど、やっぱりね、それだけじゃないんです!
ちゃーんと考えるべきことは考えますよ♪♪
お楽しみにv(・∀・*)

だいぶ落ち着いてきたのでいつでもどうぞ~。
お待ちしてまーす♪(o・ω・)ノ))
2017/10/03 00:17  | URL | コメ返信 yukikoサマ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://gypsophila328.blog.fc2.com/tb.php/1009-3cd0b16d
| メイン |