七度目の夏~四度目の秋祭り、続編~ ~空色サマからの頂き物~
- 2017/05/31(Wed) -



「ただいま」

「おかえりなさいませ」

「……つくしは?」

「……お客様が………」


誰だ?………?………リビングまでの長い廊下を進みつつ、色々と巡らすも思い付かない。
俺の帰宅に気付いたのか、リビングの扉から愛しい妻が顔を覗かせる。


「おかえりなさい、総。ごめんね、出られなくて」

「ただいま、つくし。かすみは?」

「ん?……ふふ」

「どうした?ん?」

「道明寺がね、来てるのよ」

「司?あの靴は、あいつのか……、何だよアイツ等……取っ替え引っ替え、暇なのか?」

「うーん、何かね、かすみの誕生日は無理そうだからって」

「かすみの?……って、大分先だけど」

「かすみを抱っこして、英気を養うんだって」

「他人(ひと)娘で、英気養うなって話しだな」

「あはは」


***


西門 かすみ。
目の中に入れてグリグリしても、全く痛くない俺とつくしの愛娘だ。
今年の秋祭りで、満一歳になる。

四度目の秋祭りのあの日、家元夫妻(判りやすく言えば、俺の両親だな)の、
『今日こそ、決めて来い。総二郎よ』
『総二郎さん、つくしちゃんを逃がしちゃいけませんよっ!』
の、声なき声を背に受け……、
そりゃあ、痛いのなんのって、背中にザクザク刺さったなぁ。
『今年こそはっ!!』の決意を胸に、祭りに出掛けた。
言われなくても判ってるさ、親友の名前を出されて、
これ以上テンパる事など無いって程テンパって、プロポーズの台詞なんてどっかに吹っ飛んだ過去二回。
「テンパリ処が違うでしょ?」って、類に言われた時は、流石に凹んだ。


意気込んで出掛けた『四度目』の祭り、案の定牧野は金魚すくいに駆け寄って行った。

…………今年は……司か?
知らずに構えてしまうのは、仕方ないだろ?

努めて冷静を保ち、水槽の縁にしゃがみこんだ牧野の脇に屈み込む。
ここは、司の名前が出る前に言うべき事を言ってしまうのが、得策。


よしっ!!


「「ねえねえ、西門さん。(……なぁ、牧野…)」」

「な、なんだっ?」

「やっぱり、お部屋の金魚鉢の中が暗い気がするのよねぇ~」

「……………そっ、そうか?」


暗いって、仕方ねぇだろうよっ!
俺に似て可愛い♪黒出目金が三匹だしな、
二人の愛の巣(少し大きめの金魚鉢)に類とあきらと仲良く同居なんて、
真っ平ごめんだっ!


「ねっ、やっぱりさ、この子……これこれ、この花沢 類みたいな子、連れて帰ろ?」

「………………………………」


……………はぁ~……

お前、どんだけ類の事を好きなんだよ?
…俺……、お前の彼氏だよな?
しかも、今まさにプロポーズしようとしてる彼氏だよな?
呆気に取られているうちに、小銭を金魚屋の兄ちゃんに渡し、ポイを片手に満面の笑み。

………ダメだ……、このままじゃいつまで経っても、プロポーズなんて出来やしねぇ。
気が付いたら、じいさんとばあさんでしたなんて、冗談じゃねぇぞっ!!

嬉しそうに、類似の頭の上と尾ひれのさきっちょが赤い和金を、ポイで追いかけ回す牧野の横顔を見つめて拳を握りしめる。


「………なぁ、つくし。俺の嫁さんになれ」

「……………………」

「牧野 つくしさん、俺の嫁さんになって下さいっ!」

「…………………………………」


ポイの上にすんなり乗った類似の和金に気付かない筈もないのに、固まったままの牧野。
どれくらいの時間、そうしてただろうか?
俺と牧野の間に流れる時間が、止まったかの様に感じた。
それを破ったのは、小さな水音。
呼吸も瞬きも忘れてしまったらしい彼女の瞳から、境内に並ぶ提灯の灯りを透かした琥珀の雫が水槽に輪を作った。
細く細く吐き出した息と共に小さく呟かれた言葉に、応えを被せる。


「………あたしでいいの?」
「つくしがいい」

「お家元とか……」
「親父もお袋も待ってる」

「……反対とか……」
「全く無し。皆、待ってる」


二つ、三つと落ちそうになる雫を親指の腹で掬い、ポイの上で大人しくしている類似の和金も掬った。


「…………返事は?」

「………はい……」


テンション上がって、あきら似の琉金まで掬っちまったじゃねぇかっ!
無駄に、ヒラッヒラした奴な。
「何で俺は居ないんだっ!」と司が怒ったり、「金魚の代わりに鯉だ」と西門の屋敷に重機入れて池を造ろうとしてつくしに蹴り飛ばされる、なんて事もあったな。

最高の返事を貰った後は慌ただしく、
次の年の春に、つくしは西門になり、
五度目の秋祭りは、西門 つくしとして祭りに出掛けた。
六度目の秋祭りの日には、かすみが産まれた。
今年の秋祭りは、三人で行けるのを楽しみにしている。

かすみも金魚すくいを、喜ぶだろうか?


***


声を頼りに親友を探せば、縁側でかすみを膝の上に乗せて、話し掛けている。


「かすみ、つかさだ、つ・か・さ。言ってみ」

「…うーあーあー」

「そうじゃ無くてだなー、つ・か・さ」


アホだな、司。
かすみは、まだ、一歳にもなってねぇんだぞ?
「あー、あー、うーうー、まんまんまん」
しか、言わねーぞ?
俺の幼なじみ達は、三人の中で誰が一番初めに名前を呼んでもらえるか?
そんな、下らない競争をしているらしい。
と、つくしから聞いたが、
一番初めは、……『パパ』だろうがっ!
大体、初めての言葉がパパの親友の名前って……、
ダメだろうよ。


「かすみ、ただいま」


俺に気付いたかすみが、小さいぷくぷくの手を懸命に伸ばす。

堪んねぇな……最高に幸せだ。


「司、時間あんだろ?飯食ってけよ」

「あぁ」

「忙しくなりそうなんだって?」

「まぁな、かすみに忘れられたら堪んねぇし」
「時間ある時に、顔見ておかねーと」


お茶入ったよ~の声に、おぉ と返事を返してリビングに移動する。


何でも無い、優しくて柔らかい日常。
やっぱり、堪らなく幸せだ。



七度目の秋祭りが過ぎた星の綺麗な日、
パッパと初めて呼ばれ、嬉し過ぎて涙がちょちょ切れた事や、
冬が過ぎ朝の空気が緩んだ頃、
うぃたん(類くん)、あちたん(あきらくん)、ちかさ(司)と呼ぶようになり、三人の親友を喜ばせたのは、
また、別の話し。




………………………by 空色🍀

*****

Gipskräuterさま

お待たせしましたっ💦
(いや、誰も待って無いと思いますが(^_^ゞ)
昨年、お粗末作文を送り付け「お礼です」と頂いた『空』に、
飛び上がって喜びました♪
オフ会の時に、
「続き、待ってるよ~」
「うん、待ってて~必ずっ!」
って、言ってたのに……、先に賄賂『空』の続編を頂いてしまった、空色です。
Gipさま、ありがとうございました。

相変わらずのお粗末作文で申し訳無い限りですが、
総ちゃんが無事プロポーズしてから、
数年後のお話しです。
(黒出目金、うじゃうじゃにならなくて、めでたしめでたし♪のはず)
大丈夫かな?一抹の不安はありますが、
お納め下さいませm(__)m

Gipさま、本当にありがとうございました。
これからも、宜しくお願い致します。🍀


空色サマのお部屋(パスワード入室)はこちらからどうぞ(*・∀・)つ




空色サマ

待っていましたとも!
とっても嬉しいです♪
きっと皆様もほくほくしている頃かと…( *´艸`)

うふふ♪
かすみちゃん登場(〃ω〃)
2人のお子はさぞ可愛いんでしょうね~!

でも坊っちゃんより、類くん、あきらくんに抱っこの方がかすみちゃん嬉しかったかも(爆)
あっついつい本音が…。テヘッ。

素敵なお話ありがとうございました!
こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願い致します(*`・ω・)ゞ



Gipskräuter


スポンサーサイト
オマケがあるかも?
この記事のURL | 七度目の夏~四度目の秋祭り、続編~ By 空色サマ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<何気ない日常 ~ある日の茶室~ 前編 | メイン | お知らせ 【本日より柳緑花紅公開】>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/05/31 18:08  | | #[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/05/31 21:41  | | #[ 編集] |  ▲ top

-yukikoサマ-
コメントありがとです♪

ねー!
いただく前は黒出目金増えてたらどうしよう…(´_`。)゙
なんて思ってましたが(笑)
そこはやっぱり空さん!
そんな心配は無用でした(〃ω〃)

うふふ。
やっぱりそう来ますよね!!
Gipもそう思います( *´艸`)

しかと空色様にお伝えします(*`・ω・)ゞ
2017/06/01 00:27  | URL | コメ返信 yukikoサマ #-[ 編集] |  ▲ top

-りおりおサマ-
コメントありがとです♪

やっぱりそう思います?
読み終わってすぐにGipも同じことを考えました(笑)
うん…頑張る!!

うんうん、相手が誰でもね(笑)
そしてその子はみんなに愛されるんですよね(//∇//)
変わってほしいっす…!

コメントしかと空色様にお伝えします(*`・ω・)ゞ
2017/06/01 00:38  | URL | コメ返信 りおりおサマ #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/06/01 13:58  | | #[ 編集] |  ▲ top

-花サマ-
コメントありがとです♪

くくっ。
考えることはみんな一緒なのね(((*≧艸≦)ププッ
空さん真っ青になっちゃうんじゃないかしら…(笑)

コメントしかと空色様にお伝えします(*`・ω・)ゞ
2017/06/01 21:36  | URL | コメ返信 花サマ #-[ 編集] |  ▲ top

-ありがとうございます(*^.^*)-
yukikoさま
ありがとうございます(*´∀`)♪

総ちゃん、チキンを卒業したかどうか?は置いといて、
無事、プロポーズして既に夫婦、二人の間には娘も産まれちゃいました。
当初、金魚鉢を黒出目金でいっぱいにしちゃおうか?と思いましたが……、
総ちゃんに恨まれそうなので……えへへ。

ですよねっ!最初は、ママだわっ!
………総ちゃん、残念!!
そして、最後は……きっと、司だわ(´∩∩`)

「大好きなお話し」と言って頂き、こちらこそ嬉しいです♪頑張ったよーヽ(*´▽)ノ♪

ありがとうございました。🍀
2017/06/02 11:18  | URL | 空色 #-[ 編集] |  ▲ top

-ありがとうございます(*^.^*)-
りおりおさま
ありがとうございます(*´∀`)♪

………何と言うことを………、
もう、出し尽くして、スッテンテンよ……( ´△`)
総ちゃん、難しいんだょ~。

あ、かすみちゃん=Gipさまです♪♪
可愛いでしょ?(´∩∩`)

ありがとうございました。🍀
2017/06/02 11:24  | URL | 空色 #-[ 編集] |  ▲ top

-ありがとうございます(*^.^*)-
河杜 花さま
ありがとうございます(*´∀`)♪

癒されてくれて、ありがとう♪♪

ですね(*´ω`*)
つくしの居る所には、人が集まりそうです、
類、あきら、司でしょ?それから、滋さんと桜子。
西門家は、いつも賑やかになりそうです♪

遅くなりましたが………、
お部屋開設一周年、
おめでとうございますm(__)m🍀


ありがとうございました。🍀
2017/06/02 11:31  | URL | 空色 #-[ 編集] |  ▲ top

-ありがとうございます(*^.^*)-
Gipskräuterさま

今回も、お世話になりましたm(__)m
ありがとうございます♪

またまたまた……、何と言うことを……( ´△`)
最後の数行、消しましょ(笑)

おおっ!類くん考えてくれる?
うっふっふっふっ(´∩∩`)待ってる♪♪

ありがとうございました。🍀
2017/06/02 11:41  | URL | 空色 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://gypsophila328.blog.fc2.com/tb.php/1048-78ce6fd3
| メイン |