幸せへの道 8
- 2017/08/10(Thu) -

あれから数日が経つがつくしはまだ答えを出せずにいる。
そんなつくしに俺は何も言わず生活を共にしていた。

屋敷に出向いて親父らと会ってもそれは同じことで口を出そうともしねぇ。
親父らもつくしの意見を尊重したいんだろう。

つくしはつくしで相変わらず週末になると屋敷に呼び出され、茶会やら講演やらのバックアップに余念がない。

そんな風に穏やかに日々は流れていた。


時期的に珍しく大きな茶会の入ってる日のことだった。

この日の茶会は西門総出で客をもてなした。
そしてその中にはつくしの姿もある。

何事もなく茶会は終わりそれぞれが後片付けに追われていた。それもようやく落ち着き、親父らとつくしと顔を合わせて一息ついていた。

「あの…こんな時に難なんですが…。」

つくしの遠慮がちな声が静寂を打ち破った。

「どうした?
茶会でなんかあったのか?」

茶会の様子を思い出してみたがこれといって思い当たる節はねぇ。

「えっと…ね…そうじゃなくて……。」

そこまで言うとつくしは親父らに視線を移した。

「つくしさん、ゆっくりでいいですよ。」

「あ…はい…すみません…。後程少しだけお時間をいただけないでしょうか?」

親父らも俺も顔を見合わせた。
俺は何も聞いてねぇし、つくしがそんなことを言うのも珍しい。
ってことは…きっとそういうことなんだろう。

当然ながらそれに気づいてる親父らはつくしに微笑み返す。

「では場所を移して一緒に食事でもしましょうか。」

お袋は嬉しそうにそう答えている。
少し緊張した面持ちでつくしは頷く。


さて…俺の大事なお姫さまは一体どんな答えを出したんだ?

どんな答えでも受け止めよう。
それはつくしが考えに考えた答えなんだから。




どうやら屋敷に戻って食事をすると思っていたつくしは面食らったようにパチリパチリと瞬きを繰り返す。

連れてこられたのは親父らが贔屓にしている料亭だった。
女将直々の案内で俺たちは離れへと案内された。


料理が一品、また一品と出される中、俺は隣に座っているつくしをチラチラと盗み見る。
つくしはこの状況でどう話せばいいのか考えこんじまってるようで、美味い物を食ったとき特有の笑顔がねぇ。
確かにこの状況じゃいつまでたってもつくしは話を切り出せないだろう。

俺は正面に座る二人に目を向けた。

俺の視線に気づき二人は顔を見合わせる。

「つくしさん。あなたの話というのは式の日取りのことかしらね?」

お袋がつくしに助け船を出す。つくしはようやく顔をあげた。

「はい…でもその……この場で話していいものかどうか判断が出来なくて…。」

「気にすることはないよ。そのために離れを用意したんだから。
それで、つくしさんはどうしたいと思ったんだい?」

親父は優しくつくしの答えを促す。そんな親父を見て改めてつくしはすげぇなぁと思う。
息子である俺自身にこんな態度を出したことなんてねぇんだから。
それとも娘ってもんがいたとしたら、うちも何かが違ってたんだろうか?
親父とつくしに交互に視線を向けながらそんなことを考えていた。


関連記事
スポンサーサイト
オマケがあるかも?
この記事のURL | 幸せへの道 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
<< 幸せへの道 9 | メイン | 幸せへの道 7>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/10 18:15  | | #[ 編集] |  ▲ top

-yukikoサマ-
コメントありがとです♪

おぉ~!
yukikoさん、なんて素敵なアイデアなの~!!
書けたら書いてみようかしら(笑)
設定はもちろん……よね?ニマニマ。

お話もそろそろ終盤?かな?
相変わらずよく分かってないけど…f(^ー^;
もう少しお付きあいくださいね~(*´ω`*)
2017/08/10 21:19  | URL | コメ返信 yukikoサマ #-[ 編集] |  ▲ top

-瑞穂サマ-
取り急ぎ。
お返事まだなのに申し訳ありません。

届きました?
届いていないようでしたら、もう一度送っていただいてもよろしいですか?

コメントお返事はすみませんが明日します(*-ω人)
2017/08/12 00:41  | URL | 瑞穂サマ #-[ 編集] |  ▲ top

-瑞穂サマ-
コメントありがとです♪

偶然です♪
実はGipも出て来てるんです( 〃▽〃)
是非是非ご連絡を~!

ちゃんと録りました!バッチリです(*´・ω・`)b
でもねーバタバタしてて見れてないんですよぉ。ウゥッ。
ふふ~、それは楽しみ(*´ω`*)
時間のある時にゆっくりみたいと思います♪
2017/08/12 09:29  | URL | コメ返信 瑞穂サマ #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/12 09:33  | | #[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/12 10:00  | | #[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/12 10:20  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://gypsophila328.blog.fc2.com/tb.php/1069-79d775ea
| メイン |