小さな幸せ 後編
- 2017/03/27(Mon) -

計画は随分と前から考えていた。

西門に嫁ぐと決まった日から親父らと重鎮たちに押され、半ば強制的につくしは住まいを西門に移した。
俺としちゃラッキーだったがつくしにしてみたら大変だっただろう。
そして厳しいであろう花嫁修行に真剣に取り組むつくし。

俺にさえ愚痴をこぼすことなく…ま、俺としちゃそれが少し寂しくもあったんだが…。それでも次々といろんなことを吸収していくつくしに誰もが驚かされていた。

難関をクリアしていくつくしに負けねぇように俺も力をつけた。
そして決まった結婚式は当然、寺で挙げることになる。


女ってヤツはやっぱり誰でも花嫁さんってやつに一度は憧れるもんなんだろ?
で、花嫁さんが纏うのは、純白のウエディングドレスなんだろ?
その隣にタキシードを纏う好きな男がいるもんなんだろ?

何も言わねぇつくしのために調べたさ。
で、着せてやるにはどうすればいいかも散々考えた。

どうしてもつくしにウエディングドレスを着せてやりたかったんだ。
つくしの心に残る本当の結婚式をあげたかったんだ。

当然だろ?

俺を幸せに導いたつくしには、これからそれを返していかねぇとなんねぇんだから。

尻に敷かれるのは決定だな。望むところさ。手のひらの上で転がされてやるさ。
どうせ頭はあがんねぇんだから。

つくしが笑っていられんならそんなもん朝めし前だ。


俺のやるべきこと。

『つくしを幸せにすること』

ただそれだけ。


だから茶だって手は抜かねぇ。
どんな狸じじいが現れようと、相手になってやろうじゃねぇか。
でも汚ねぇことは一切なしだ。つくしが嫌がるからな。
どんな相手だって正攻法で勝ち続けてやるさ。


今日という日を迎えて、つくしを前にいろんな想いが頭の中を駆け回っていた。


「総?ありがとね」

「ん?」

「今日のこれ。すごく嬉しい。」

つくしの笑顔が嬉しくて、頭に手を伸ばして軽くポンポンと頭を叩く。


コンッ、コンッ…


「はい。」

「失礼致します。」

言葉と共にスタッフが現れる。

「本日はおめでとうございます。
そろそろお時間になりますが、ご準備はよろしいでしょうか?」

つくしと顔を見合わせる。

「「はい。よろしくお願いします。」」


スタッフの後に続き案内されたのは大きな扉の前。

俺たちはここでも顔を見合わせ、二人で微笑み合う。
そしてつくしの手を取り自分の腕に絡ませた。

スタッフに合図を送ると大きな扉が開かれる。
神父しかいない教会の中を、つくしの歩調に合わせゆっくりと前に進む。



改めてスタートラインに立った俺たち。

どんなことも二人で乗り越えよう。

そしてひとつでも多くの幸せをつくしに送ろう。
それがどんなに些細なものでも…。


そんな決意を胸に秘め、俺はつくしと誓いのキスを交わす。



fin

関連記事
スポンサーサイト
オマケがあるかも?
この記事のURL | 小さな幸せ | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<ある日の非常階段 | メイン | 小さな幸せ 前編>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/27 18:02  | | #[ 編集] |  ▲ top

-四葉サマ-
コメントありがとうございます♪

それはそれは何よりです(〃ω〃)
よかった~!

つくしちゃんに逢えたからこその幸せなので、たくさんの幸せを返したいみたいです( *´艸`)
総ちゃん、ベタぼれです♪
2017/03/27 22:58  | URL | コメ返信 四葉サマ #-[ 編集] |  ▲ top

-yukikoサマ-
コメントありがとです♪

こんな結末になりました~。
当たりでしたね♪

お互いに相手を幸せにしてるはずなんだけど、総ちゃんは全然返せてないと思っているようで…。
きっとつくしちゃんもそう思ってるんだろうけど…(笑)
似た者同士の2人はこれからも思いあって幸せになるんでしょうね~。

次は確保済み?
ちゃんと考えてのことでしょうから、応援してますよ~!
頑張ってください(*´・ω・`)b
2017/03/27 23:12  | URL | コメ返信 yukikoサマ #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/28 11:18  | | #[ 編集] |  ▲ top

-yukikoサマ-
お知らせありがとう♪

夜にでもメールいれますね(*`・ω・)ゞ
2017/03/28 12:37  | URL | コメ返信 yukikoサマ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://gypsophila328.blog.fc2.com/tb.php/902-256bde9a
| メイン |