その後の男たち 5
- 2017/07/06(Thu) -


こちらのお話は『それぞれの決断』あきらくんエンドの番外編です♪


お嫌いな方はスルーしてください。
以前同様にこのスタイルで全話アップしていきます。


注意書についてのクレームはスルーさせていただきます。
参照(それぞれの決断 1)

まだお読みになっていない方はこちらからどうぞ(*・∀・)つ
言えない言葉
それぞれの決断 1
あきらくんエンド 13~
詳しくはindexをご覧くださいませ。


私は大丈夫!という方のみお進みくださいませ。
↓ ↓ ↓


Gipskräuter




オマケがあるかも?



つくしの月命日がやって来た。
長いようで短い、短いようで長い…そんなひと月だった。

もうすぐあいつがやって来る。
俺はやはりソワソワしながらその時を待っていた。

あいつはどんな反応をするんだろうか?
そんなどうでもいい疑問を抱えながら待つ時間がいつになく長く感じられた。


使用人に声をかけられ玄関へと向かう。
そこにはいつも通りあいつがいた。

「よう、墓参り行こうぜ。」

笑みを浮かべて、でも少し不安気に言うのもいつも通りだ。
俺は何も答えずに用意されている履き物を履く。

ちらっと見えたあいつは一瞬驚いていたが、それでも嬉しそうに目尻を下げている。

用意させていた車に乗り込み、美作の車を追走すること十数分…。
緑溢れる如何にもつくしの好きそうな霊園が見えてきた。


そうか…。
つくしはここに眠ってるのか…。


車から降りると、心地のいい風が吹き抜けていく。
まるでつくしが歓迎してくれてるみたいだ。

つくし、ごめんな、遅くなっちまって…。
待たせ過ぎだよな…。
悪かったよ。

気づけば空を見上げてそんなことを思っていた。



先に車から降りたあいつはそんな俺を急かすことなく、少し離れたところで待っている。
用意してきた花を持ち、近づいていくとあいつはゆっくりと歩みを進めた。

お互いに歳を食ったな…。
別の決断をしていたら俺たちも一緒に歳を重ねられたのかもしれないな…。

あいつの後ろ姿を見ていたらふとそんなことを考えていた。


あいつが立ち止まり振り返る。

辺りには芝生が広がっていて、所々墓石が並んでいる。
その中でもわりと広目のスペースにそれはあった。

ローマ字で刻まれたつくしの名前。

あぁ…。
ほんとにお前はいなくなっちまったんだな…。

どこか現実味のなかったつくしの死に涙が溢れ出していた。
持ってきた花を飾るでもなくその場に立ち尽くし、泣いていた。

どれくらいの時間をそうしていたのだろう。
あいつはいなくなっていた。

俺は改めて墓の前にしゃがみ込み花を供えた。

「お前、これ好きだったよな。」

つくしが花言葉を懸命に覚えようとしていた頃に、好きだと言っていた桔梗。

『永遠の愛』なんて素敵だね!

少し照れながらそう言っていたあの頃の笑顔が蘇っていく。

「つくし…。
幸せだったか?
幸せにしてやれなくてごめんな…。
誰よりも幸せにしてやりたかったのに…俺のせいで苦しめてばっかりだったよな。
ごめんな。

許してくれなくっていいから…。
憎んでくれていいから…。

そっちでは楽しくやれよ?
お前が笑っててくれなきゃ俺は困るんだよ。
俺がお前の泣き顔に弱いの知ってんだろ?
お前はいつでも大口開けてケラケラ笑ってろ。」

涙でグシャグシャになりながら俺はいつまでもつくしに語りかけていた。



関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | <番外編>その後の男たち | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<その後の男たち 6 | メイン | その後の男たち 4>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/07/06 14:32  | | #[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/07/06 16:20  | | #[ 編集] |  ▲ top

-yukikoサマ-
コメントありがとです♪

あははっ。
そう、そこはやっぱり別なんですよ~(笑)
まぁいつの日にか…ってところでしょうか( *´艸`)

総ちゃんはやっぱり自分が許せないんです。
だからこそ幸せだったかどうかが気になってしまうのよ。
きっとつくしちゃんは逢いに来てくれて嬉しい、に尽きると思われます♪
あきらくんも2人の再会にホッとしたでしょうね~。←悲しい再会だけど…( ´-ω-)

さて…どんなエンドになるんでしょうね~。
もう少しお付き合いくださいませ~♪(o・ω・)ノ))
2017/07/06 22:24  | URL | コメ返信 yukikoサマ #-[ 編集] |  ▲ top

-花サマ-
コメントありがとです♪

花さん…Gipの手のひらの上で…?!ププッ。
やっぱり悲しいお話、切ないお話が好物みたいです(笑)
でもちゃんと最後はハピエンよ♪

このお話は常に誰かしら辛いのよね。
みんな後悔しまくりなんじゃないかしら?←誰のせいでしょうね~( *´艸`)
でもだからこそ…ですよね~!
3人ともハピエンに辿り着くまでもう少しお付き合いくださいね♪(o・ω・)ノ))
2017/07/06 22:38  | URL | コメ返信 花サマ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://gypsophila328.blog.fc2.com/tb.php/953-71e28383
| メイン |